どんな人達にバレエは向いてるの?

どんな人達にバレエは向いてるの? お稽古事は自分を高めるために、また趣味として楽しむために学ぶためや、自分ではなくお子さんを成長させるためなど、色々な理由で利用されています。
そんなお稽古事には大変多くの種類がありますが、中でも女性に人気の高いものにバレエがあります。
バレエは優雅なイメージが強いですし、体が鍛えられるだけではなく、美しくて上品な動きをマスターすることができるものなのですが、肉体的にかなりきついという一面もあります。
バレエにはどんな人達が向いているかを考える場合には、その後者の部分がやはり重要になるでしょう。
それを踏まえてどんな人達が向いているかと言うと、一つのことをこつこつと日々練習できるような、根性と根気がある人をまず挙げることができます。
体力も気力も精一杯使いながら、それでも目標に向かって努力できる人でないと、長く続けることは難しいのです。
また自分の体を使って何かを表現したいという意欲がある人、体型的に言うと細身である人なども、バレエに向いていると言えます。

子どもの才能を見出す習い事、バレエは何歳から始める?

子どもの才能を見出す習い事、バレエは何歳から始める? 華やかな衣装を着て踊る子供を見てみたいと思う人は多いと思います。
習い事として人気のバレエですが、才能を見出すためにも何歳から始めれば良いのかという疑問が浮かびます。
バレエの才能を開花させるためにも早めに始めたいという人もいますが、世界的に有名なバレリーナでも始めた時期は様々です。
実際のバレエ教室では4歳ぐらいから生徒を募集していることが多く、5〜6歳の小学校に入学するタイミングで始める子供が多いとされています。
通常はそのような教室では週に1〜2回のレッスンが50〜60分の集団指導をしていることが多く、熟練していくに従って教室をステップアップしていきます。
大きなバレエ団が行っている教室もありますが、その場合は教室を変える必要はありませんが、レッスンは厳しいことが多いためしっかりとした意志を持って習い始めることが必要です。
才能がなくても習い始めることによって姿勢が良くなり、礼儀正しくなり、人前で緊張しにくくなるなどのメリットがあります。

新着情報

◎2017/7/26

女の子のバレエの情操教育
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

バレエに取り組んでいる人
の情報を更新しました。

◎2017/2/2

どんな人達にバレエは向いてるの?
の情報を更新しました。

「バレエ 才能」
に関連するツイート
Twitter

バイト中に見たこの番組、すごかった。10代とは思えないような佇まいと芯の強さがかっこよかったな。バレエの世界には才能もコネも意味はない、踊り続けることに必要なのは努力だけ、っていう校長先生の言葉が刺さりました…バレエってすごいんだね

ヒップホップもブレイクもバレエもなんでも出来てオールマイティーな本田くんのダンス経験年数考えたらもうわけわからんな。努力したにしろ、それは生まれ持った才能だよなぁ……神は逆に本田くんに何を授けなかったのか教えて欲しい。はーーーーーーすきーーーーーーー

Twitterべこ🐸誤字大王@becobecooon56

返信 リツイート 11:34

ワガノワバレエ学校のドキュメンタリーを見流ししながら朝の支度を。目にするたびに飛び込んでくるのが、努力できることを評価し才能とする色んな人の言葉。才能だけでは駄目で、そこから先はその人の性質とか訓練とかで、何をするにも結局そこかと。

BSのバレエの王子になる!ロシア・バレエ学校の青春を観てる。このバレエの世界でコネやファンタジーはない、あるのは努力だけだ、と。努力し続ける才能は、どの世界でも必要、自信につながり唯一の認められる道の歩み方。

バレエ経験の友達「もなとさん軸しっかりしててバレエ才能あるからバレエ始めちゃえ!!」 ----踊り始める 友達「きれいにしたくないのにきれいになってしまう...」 ど素人ワイ「バレエやめちゃえ!!」

人間は才能をもって生まれてくる。才能を伸ばすのは、その人の問題。 by マイヤ・プリセツカヤ(バレエダンサー)#meigen #名言

RT @ji_____1013: ある方のツイート見て改めて共感した事で、私一応バレエを14年真剣に習ってたから自分のスキルは置いといて他人を見る目は一応養われたと思うけど、ジミンって本当にバレエ・舞踊の才能があると思う。絶対そっちの道に進んでても有名なダンサーとして名を残して…

バレエでもピアノでも、身体の中で音楽が鳴っているような演奏や動きをする子がいて、それは3歳くらいではっきりしてる。 ま、でもそういう子しかその道に進む意味が無いとは思わないかな。センスや才能があっても本人が好きで無ければやらないこともあるだろうし。向き不向きとやる気と好みの一致は

『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン/世界一優雅な野獣』ウクライナ出身のバレエダンサーの半生。人間はこんな動きができるんですね?肉体がもうアート。五歳の頃から存在感が違う。9歳のときに彼をバレエ学校に入れるために祖母と父親が外国に出稼ぎに。踊る才能がありすぎるのは恩寵であり悲劇でもある

#このタグを見た人は習い事歴を晒せ 絵画 クラシックバレエ 実は幼稚園の時、展覧会で賞をとるほどの腕前だったのよ。幼稚園の時。(大事なことなので2回言いました) バレエ才能なかったけど18歳までしてた